事務局よりお知らせ

日本人会への入会、会費について

日本人会への入会に関する情報は、 こちらをご覧下さい。
2017年度(2017年4月~2018年3月)の会費の納入をお願いします。
なお、会費のお振込みの際は、必ず会員番号及び会員名のご記入をお願いします。

会報電子化のお知らせ

日本人会会報「ウィーンの風」につきましては、2013年5月号より 会員専用「ウィーンの風」 のページから、紙面がカラー化されたPDFファイルをダウンロードしてご覧頂くようになりました。 会員の皆様には、日本人会事務局から電子メールにて会員専用ページにアクセスするためのユーザー名及びパスワードをお送り致しますので、このユーザー名等を用いて会報をご覧下さい。 会報電子化の経緯等については こちらをご覧下さい。

開局時間変更のお知らせ

2015年5月より、開局時間が、 月、水、金曜日の9:00~12:00に変更となりました。
電話などでのお問い合わせの際にはご注意下さい。

「ウィーンに暮らす」改訂第五版2刷 好評発売中!

ウィーンに暮らす 日本語生活ガイドブック「ウィーンに暮らす」、昨春発行後、初回印刷分は完売となりましたが、この度増刷しました。
これからウィーン生活を始める方だけでなく、すでにお住まいの方にも、新鮮で、役立つ情報が満載です。
 ◆定価18€/会員価格12€
 ◆日本人会事務局、HIS ウィーン支店、日本屋で販売しています。
 ◆日本からも購入できます! 日本からのご購入方法についてはこちらをご覧ください。
(内容)
 第1章 プロフィール 地理・気候/人口・人種、言語/祝祭日
 第2章 さあ出発 渡航の前に/荷物の発送/到着/入国したら
 第3章 住まいと通信・情報 電話/インターネット/郵便/テレビ/新聞・雑誌
 第4章 食生活と衣生活 食生活/レストラン/ワイン/衣生活
 第5章 車・交通機関 免許/車の購入/レンタカー/運転./公共交通機関
 第6章 医療と健康 渡航準備/医療/日常の構え/妊娠と出産
 第7章 学ぶ 幼稚園/教育制度/日本人学校/インター/習い事/図書館/外国語の勉強
 第8章 快適に暮らすために 治安/金融機関/保険/ショッピング/ペット/家族で楽しむ/便利アプリ集etc.

各種イベントのお知らせ

●カフェトーク第五弾 イン JETRO&カフェ「クレメンティーネ」 in Palais Coburg

2018年1月27日(土) 14:00~JETRO会議室/15:00~「Café Clementine」 in Palais Coburg
場所:JETRO会議室(1区 Parkring 12A) https://www.jetro.go.jp/austria/
リンクからマリオットホテル正面、あるいはシュテファンに向かって建物右側にあるテオドル・ヘルツル広場にあるStiege 8の階段を一階に上がっていただき、 右側の扉を開けた右側に事務所の扉があります。)
「Café Clementine」in Palais Coburg (1区Coburgbastei 4) http://palais-coburg.com/kulinarik/clementine/
第5回目のカフェト-クは、前回要望のあったテ-マ「ウイ-ンの住宅事情-昔と今」です。20世紀に入り、オ-ストリアはハプスブルグ帝国から共和国になります。華やかな建築物が建った19世紀末。しかしその陰には、庶民や労働者の劣悪な住宅環境が問題となっていました。それを解決すべく住宅政策は共和国の重要な政策となりたくさんの公共住宅が建てられていきます。特に1920年-1930年にかけて建築されたウィーン公共住宅の代表であるカ-ルマルクスホーフは公共住宅の興味深いモデルとされ、いまでも世界から視察団が見学に訪れます。また、現在の住宅プロジェクトにも、良好な住環境を多くの人が得られる権利に重点を置くその政策は脈々と引き継がれています。今回は、最初にJETROの会議室にて映像を見ていただき、その後は、隣接するPalais Coburgのなかのカフェ「クレメンティ-ネ」に移動し、素敵なオランジェリ-カフェを満喫していただきながらお話をしたいと思います。皆様、奮ってご参加ください。
■参加費:無料(飲食代は各自ご負担下さい。)
■定員:20名(定員になり次第締切らせていただきます。) ■対象:12歳以上
■申込み締切日:1月25日(木)    ■申込み先:事務局までメール、電話、Faxで。

●事務局主催『古本市&ミニフリマ』開催

新年初めての古本市とミニ・フリーマーケットを開きます。推理小説、文学ものなど様々なジャンルの本が揃っています。お誘い合わせの上、お気軽にお立ち寄り下さい。
2月2日(金) 12:00-15:00 
今回のテーマ:古本・雑貨
場所:日本人会事務局(3区 Untere Viaduktgasse 53/3a)                  
(U3、U4Landstr.駅より徒歩5分) ☎(01)710 3111

●『若手集まれ!』 ~U-40の集い~

40歳以下の交流の場を提供します!いつもと違う人達とビールを片手にワイワイと楽しみませんか?皆様、ぜひ奮ってご参加下さい。
2月3日(土) 18:00~21:00
場所:Bodega El Gusto(1区 Mahlerstrasse7)
http://lokaltipp.at/lokale/homepage_9_365
Karlsplatz徒歩2分、Hotel Bristol裏手
●参加費:30ユーロ(飲み物はお一人様1杯込)  ●定員:16名 
●申込締切日:1月26日(金)午前中 ※定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
●申込み先:事務局までメール、電話、FAXで。
なお内容が変わる場合もございます、予めご了承下さい。

●ウィーン磁器工房アウガルテン参観ウォーキングツアー

2月24日(土) 9:30~(12:00頃終了予定)
集合場所:Wiener Porzellanmanufaktur Augarten/Wien Schloss Augarten(2区 Obere Augartenstrasse 1) 
今年はウィーン磁器工房創立300年。現在のアウガルテンの地に移転して95周年の節目の年。長い年月を経てもなお、透明感あふれる優美なアウガルテン磁器は世界にその名を知らしめています。これを機に一般会員部ではアウガルテンの歴史と工房見学ツアーを企画いたしました。1710年にドイツのマイセンで初めて磁器工房が設立され、その8年後にウィーン磁器工房が誕生。1744年マリア・テレージアによって皇室直属の磁器窯となり、バーベンベルグ家の盾型紋章を商標として使用。今日でもすべての商品にこのブルーの盾型紋章が刻印されています。19世紀には悲惨な戦争などによって、この工房も何度か閉鎖を余議なくされてきましたが、幾度かの困難な時を克服してきた磁器工房は1923年現在のアウガルテン宮殿に移転。ここで制作されている磁器はすべて手作り。国家間の贈呈品として珍重されています。代表的な絵柄として「マリア・テレージア」と名付けられた緑の花々があります。「ウィーンのバラ」「勿忘草」など伝統的なものからモダンな絵柄まで、手作りの温かみを存分に味わうことができます。参観後、アウガルテン磁器でおいしいケーキとお飲物の茶話会を催します。なお、当日はアウガルテン磁器の特別割引販売も行われます。古き良きウィーン磁器工房の栄光を今に残すアウガルテン・ポルツェランの土曜日のひととき。きっと素敵な思い出になることでしょう。ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
■参加費:会員10ユーロ(6歳以下のお子様無料)/非会員15ユーロ(6歳以下のお子様3ユーロ)
※参加費にはケーキと飲み物代も含まれています。
■定員:40名
■申込み締切日:2月21日(水)    ■申込み先:事務局までメール、電話、Faxで。

各種イベントのご報告