≪イベント部からのご報告≫

『2013年度 第1回 西洋美術講座』開催報告


 4月14日(日)に開催いたしました、ウィーン大学のブランドル紀子先生による「第1回西洋美術講座:イタリア/スペイン絵画」には、岩谷大使ご夫妻をはじめ、30名近い皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。快晴に恵まれ、ウィーン・マラソンの影響のためか館内に人も少なく静かな中、贅沢な美術鑑賞を楽しむことができました。ラファエロに始まり、ティツィアーノ、カラヴァッチョなど巨匠たちの作品を、次々とエピソードを交えてお話しいただきました。
 このあと第2回ではブリューゲルなどオランダ/ドイツ絵画についてお話しいただき、最終回は今年3月に10年以上ぶりにリオープンした美術工芸コレクションをご案内いただきます。皆さまの又のご参加をお待ちしております。単発のご参加も大歓迎です。





『2013年度 第1回 西洋美術講座』のご案内


 2013年度は、ウィーン大学のブランドル紀子先生を講師にお迎えして、世界有数のコレクションを誇る美術史博物館で西洋美術鑑賞会を3回にわけて開催致します。
 第1回目は、ラファエロ、ティツィアーノ、ベラスケスなどのイタリア/スペイン絵画を中心に解説していただきます。皆様のご参加をお待ちしています。

★日  時:4月14日(日)10:00~12:00 (10分前にお越し下さい)
★集合場所:美術史博物館
      ※当日はウィーン・マラソンのため、リンク周辺は交通規制が敷かれることから、お車は
       ご利用されない方がよいと思います。
★参加資格:日本人会会員限定
★参加費 :無料。但し、美術史博物館の入館料を入場時に徴収します。
      年間パスをお持ちの方はお申込時に申し出て下さい。
★申込方法:4月1日よりお申込を受け付けます。(先着20名)
      日本人会事務局まで電話、FAX、メールでご連絡下さい。
      (希望者多数の場合、午後の部(13:30~)も開催する予定です。)
★締切日 :4月8日(月)

※今後の予定:第2回 5月12日(日):オランダ・ドイツ絵画(ブリューゲル他)
       第3回 6月23日(日):美術工芸コレクション
                    (本年3月に再オープンしたKunstkammerの見学)