≪事務局からのご報告≫

第2回『サッカーで遊ぼう!』開催報告


 今回は2回目ということもあり、子どもたちもサッカーに少しずつ慣れてきています。さらに年齢別で練習内容をわけることで低学年の子どもたちにも沢山ボールに触れるようにし、又、少しステップアップして『ボールを扱いながら周りを見る』というテーマで練習を考えました。世界のトップレベルの選手はボールを扱いながらも周りの状況を良く見ています。そのため自分がどのようにプレーすればいいかがわかるのです。
 私がサッカーの指導をするときは、『誉め方』に気をつけています。研究結果によると、子どもの才能や能力を誉めるのではなく、子どもの努力や頑張ったプロセスを誉めてあげたほうが良いそうです。例えば、子どもが学校のテストで100点を取ったとします。その時に「お前は天才だね、頭がいいね」などと声をかける場合と、「先週しっかり勉強していたから100点がとれたね」、「先生の話をしっかり聞いていたから良い点が取れたね」というような違いです。前者は子どもの才能や能力を、後者は子どもの努力を誉めています。努力を誉めた場合、子どもはその後も努力をし続け、難しいことに挑戦しようとする傾向があるそうです。逆に才能や能力を誉められた子どもは自分の才能や能力に自信を持ち、努力しなくなる傾向があるそうです。しかしながら、子どもたちの努力や頑張っているプロセスを誉めるためには、「子どもたちが何を考えて、どのようにプレーしているのか」を常に注意深く見ていなくてはいけません。さらに子どもたちとの信頼関係も非常に重要になると思います。まだまだ指導力不足で至らぬことも多々ありますが、皆様からのご意見なども取り入れてさらに良い行事にしていければと思っています。 (堀田健治)

参考文献:Dweck, Carol S.: “The Secret to Raising Smart Kids” in Scientific American Mind Vol.18 No.6 (2007). pp.36-43.



<事務局から>
 夏休みにもかかわらず、日本人学校、現地校、インターナショナルスクールに通う16名の皆さんが参加下さいました。「楽しかった!また、サッカーをして遊びたい!」という子供たちの声におされて次回をまた企画したいと考えています。会場と道具類を快くお貸し下さった日本人学校の先生方に改めてお礼申し上げます。



◎7月29日(日) 10:30~12:00 (終了予定) 雨天中止
 会場:日本人学校校庭 (22区Prandaug.2 交通:U1Kagran駅より徒歩5分)

●コーチ:堀田 健治さん
●対象:小学生 定員:15名  ✽最小開講人数:10名
●参加費:一人5€ (兄弟参加の場合8€) 当日集金します。
●準備するもの:サッカーボール(お持ちの方のみ)、帽子、飲み物
●参加申込み/問い合わせ:日本人会事務局   ☎710 3111/Email: jg@nihonjinkai.at

✽怪我などに関する責任は負いかねますので御了承願います。
✽小学生以外でもサッカー好きな方々、ぜひ遊びにいらして下さい


<堀田さんプロフィール> 広島市出身8歳よりサッカーを始める。高校時代、名門広島皆実高校のサッカー部に入部。その後、東海大体育会サッカー部にて関東大学サッカーリーグ、天皇杯のメンバーに選ばれる。卒業後は同大学院体育学研究科修士課程(スポーツ心理学)修了、同大学院文学研究科博士課程(認知言語学、認知経営学)2011年満期退学。大学院在学中、東海大体育会サッカー部コーチとして5年間チームに携わり、同時に湘南ベルマーレサッカースクールにおいて2年間コーチをする。日本サッカー協会公認C級コーチ資格、イギリスサッカー協会公認インターナショナルコーチングライセンスを取得。チェコ共和国政府奨学生に選ばれ、現在ブルノにあるマサリク大学にて研究を続ける傍ら、現地のチームで選手としてもサッカーを続けている。日本人会会員。